札幌厚別区の矯正歯科|新札幌アン矯正歯科クリニック

tel:0118968868

当院は予約制です休診日 / 月・木・祝日(土日診療)

治療の流れと矯正装置

治療の流れ

一般的な方の治療の流れをご説明いたします。
年齢や成長過程などの状況により、多少異なる場合もございます。

Step1 相談

患者さん、ご家族の方が気になる歯並びについて基本的な治療の流れを説明いたします。

Step2 検査

口腔内外の診査、歯型、顔写真、口の写真、各種レントゲン等も撮ります。
虫歯になりやすいかどうかの検査もします。 

Step3 診断

検査結果に基づき、患者さんに最適な治療方針をご説明致します。

Step4 装置装着

使用する装置は、顎の成長を利用した成長期の矯正治療と、歯並びだけを治す矯正治療で異なります。
詳細は診断の際にご提示致します。

Step5 治療開始

歯並びだけの治療は約2年程度です。
成長期の場合は受診年齢により治療期間は異なります。
通院間隔は月に1回から、3ヶ月に1回ほどです。

Step6 保定

治療してきれいになった歯並びを安定させるために保定装置を使用します。
3~6か月に1回の通院です。歯のクリーニングやスケーリング(歯石除去)を行いながら、
歯並び・かみ合わせの経過を診てゆきます。

矯正装置

矯正治療の目標はきれいな歯並びを作ることです。
当クリニックでは“美しいものを作る際にはその途中もできるかぎり目立たずに”と考えました。従来歯列矯正で用いられていた金属の装置に変えて、透明な装置を用いた治療や、歯の裏側からの治療を行っています。 

デーモンシステム
デーモンシステム

デーモンシステムは、歯に固定されるブレイス(ブラケット)にワイヤーをソフトに装着します。これにより、治療の痛みを軽減し、歯の移動を効率的に行うことを期待する装置です。治療時間も短く、不快感も少なく、快適に装着していただける装置です。

リンガルアプライアンス
リンガルアプライアンス

人知れず矯正治療ができます。
目立つ装置をつけたくないという方のための矯正装置です。

インビザライン(透明なマウスピース)
インビザライン(透明なマウスピース)

インビザラインは米国のアラインテクノロジー社により開発された透明で薄いマウスピース型の矯正装置です。 治療開始から終了までの歯の状態をコンピューターで3次元画像データとしてシュミレーションを行い、マウスピースを作成します。そして、段階ごとにマウスピースを交換して少しづつ歯を移動していきます。

取り外しができるので、食事や歯ブラシがいつもどおりにでき、衛生的で矯正装置の装着による不快感が軽減されます。

インプラント矯正
インプラント矯正

歯を動かす治療の時に使われる補助装置として、今まではヘッドギアなどの顎外固定装置が多く使われていました(取り外しのできる装置です)。しかし、これらの装置は一定の装置装着時間が必要で、治療の効果を上げるために患者さんが協力的であることが重要でした。忙しい毎日を送る人にとってはなかなか装着時間が見つけられず、治療を効率的に進められないということもありました。

そこで、新しい治療法として「矯正用インプラント」を使用して行う「インプラント矯正」が注目されています。あごの骨にチタンでできた小型のインプラントを埋め込み、これを固定源として歯を移動させる方法です。この方法を使用することにより、効率的にかつ短期間に歯を動かすことができ、患者さんの負担を軽減することが可能なりました。

矯正用のインプラントは、ほとんどの場合、術後に痛みや腫れを伴うことはありません。 また、治療後にはインプラントは除去します。

PAGETOP